2泊3日の入院

来週はいよいよ親知らずを全身麻酔で抜くため、入院します!

と言っても、2泊3日なので昨年ほどの長期入院にはなりませんが☆

でも子ども達の中では大きな出来事なようでカレンダーを見ては

「いつから入院するの?」
「いつ帰ってこれるの?」
「保育園から帰ったらお家にいる?」

などなど質問攻めに💦

長男は寂しいながらも短い入院だと理解しているのですが、次男と長女はまだ理解できる年齢ではないのでその都度説明をしています。

主人は少しの間大変な思いをすると思いますが、料理はできるので期待しています 笑

洗濯は…干し方も畳み方もイマイチ(シワになる)ですが贅沢は言えませんね😅

色々不安はありますが、術後に発熱発作がでないよう願うばかりです。

ベストな方法

ブログにも少し書いたことがありますが、長男は少し難しいところがあります。

自我が芽生えた頃から、こだわりが強い・環境の変化に対応するのが難しいといった自閉症スペクトラムのようなところがあります。

児童精神科に相談したところ、自閉症スペクトラムとまでは言えないがその傾向が無いわけでもない…

とのことでした。

先日、明日の学校の準備をするように言ったのですが、持って帰らないといけないものを持って帰っていないことから心が落ち着かなかったようです。

次の日は郊外学習だったのですが、持って帰るべきものがない(でも学校にあるし、登校してから準備すればいいだけなのですが💦)・みんなと持ち物が同じか心配…だからどんどん家を出る時間が遅くなる→遅刻確定の時間

ここまできたら心中穏やかではいられず、長男は泣き出してしまいました。家を出ても再び帰ってきて、また送り出しても遅刻確実なことに心が折れてまた帰ってくる…

普段は遅刻しても自分で歩いて行くように言っているのですが、郊外学習のため遅刻は出来ないので結局、私の父に車で送ってもらいました。

長男の不安な気持ちもわかるし、親も穏やかに解決してあげなければならないのでしょうが、たびたび繰り返すとどうしたら良いのか悩んでしまいます。

私が全て確認すれば良いのでしょうが、一人で準備できるようにしておかなければ本人が困る…という思いと葛藤しています。

「出来た?忘れ物ない?」と何度聞いていてもやはり朝になると色々足りないものが出てきて、本人も本当に忘れ物ないか不安になり、先生から怒られないか不安になり…

どういう対応がベストなのか模索が続きそうです。

術前検査

こんにちは。

昨日は術前検査に行ってきました。

心電図、肺活量、血液検査、その他色々…

入院前の手続きに既往歴や生活習慣などを記入する用紙があるのですが、記入後に聞き取りをした看護師さん(ベテランのようです)が
「この病気は初めて聞いた!この薬飲んでるんだ!」
と早口で喋っていました 笑

口腔外科の先生も初回の診察の時に
「え?もう1回言って!家族性…?いや~初めて聞きました!」と…

1年前、整形外科に入院した時にも先生や看護師さん達がインターネットで病気について検索しまくったという話を思い出しました 笑

でもそのおかげで術前・術後とも大きなトラブルもなく無事に退院できたと思います☆



今回の件で「たかが親知らず、されど親知らず!」と思い知らされました💦

スッキリしない!

こんにちは。

なんだろう…先月から腰が痛い?重い?ような違和感があるような

体も全体的にスッキリしなくて…

毎日ではないのですが、微熱も繰り返しています。

37℃台なので動けないほどキツイ訳ではないので家事もするし、子ども達の事もできるのですが…

比較的体調の良い日が多かったので、コルヒチンは間隔をあけて飲んでいたから…そのせい?

また膠原病内科の予約入れなきゃ
でも仕事もどんどん忙しくなるし…

娘の通院もそろそろ行かなきゃ!

試験

おはようございます。

今日は長男がそろばんの試験日です。

学校でわり算を習っていないのですが、10月の試験合格以降、新たにわり算を習いだし練習してきました。

合格できるといいな~😊

学校の宿題もそろばんの宿題もパパッと終わらせきらない長男…

いつも雷が落ちたような勢いで怒っているお母さんだけど、どんな時も応援してるんだよ!

やっぱり難しいの?

紹介された口腔外科に行ってきました。

紹介状には右の抜歯が困難…といった内容が書かれていたのですが、レントゲンとCTの結果に

先生:「あれ?左右どちらでしたっけ?両方親知らずありますよね?」
私:「今回は右です。左もやってもらったんですが抜けませんでした。」
先生:「そうなんですか!大変でしたね~今回両方抜きますか?」
私:「先生からみて、そうした方が良ければそれでお願いします。」

そんなやり取りのあと、レントゲンとCTの説明をしてくれました。
先生:「ちょっと難しい歯ですよね~でも僕はそういうのを専門にしてますから手術で抜きましょう」
と言われました。


怖いです…怖すぎます😭

局所麻酔で抜く予定だと主人に話すと、病気のこともあるし、痛さと怖さで発熱発作が誘発されそう…と。
確かに昨年から親知らずの治療を受けていますが、出血+痛みが強い時は必ず体調が悪くなっていました。身体的・精神的に急激なストレスがかかると悪くなる傾向にあるので、全身麻酔で寝ている間に抜いてもらうことにしました。

経過が良ければ2泊3日で退院の予定です。

宿題

こんにちは。

先週までインフルエンザで子ども達は学校と保育園をお休みしていました。

その間に長男のクラスは学級閉鎖になったようです。
担任の先生が宿題や連絡物を持ってきてくれ、
「まずは治す事を優先に!宿題は全部できなくてもいいですから」と言ってくれました。

休んでいた分の宿題、その量が半端じゃなく多い(^o^;)大丈夫か…息子よ…

それなのに長男は元気になってもやる気配がなく登校する3日前からやっと取り組みました。

1週間以上休んでいたので月曜日はグダグダなスタートでしたが、私から怒られながらも頑張っていた長男をもっと誉めてあげれば良かったかな…と少し後悔しています。